その他記事
少年(ショタ)の描き方

【海外製液タブ】HUION GT-220V2をugee-2150と比較する

公開日: 

どうもmoeraです。
今回はHUION GT-220V2という液タブのレビューをしていきます。
試したPCはノートとデスクトップの2台ですが、両方OSはwin10 home、セキュリティソフトは1台がノートン、もう一台がESET Smart Securityです。

結果として両方ともすんなり使えるようになりました。ugeeの時はほんと運が悪かった。

ノートの方は低スペック(Core2Duo、メモリ4GB)なのでカックカクで結構辛かった。お絵描きするなら最低でもcpuはi3、メモリ8GBを積んでおきたいところです。

(以下、説明でHUION GT-220V2をhuion、ugee-2150をugeeと省略している部分があります。)

関連 海外製液タブ UGEE UG-2150レビュー 比較・設定編

スポンサードリンク

まずは比較表をどうぞ。アートボード 3

ugeeとはあまり変わらない印象です。SAIが使えて応答速度が一番良いくらいでしょうか。

開封

では開封していきましょう

huion-02

 

開けるとご丁寧にカードが目に入りました。第一印象は大事ですからね。

huion-04

ふむふむ。メールやSkypeでサポートしてくれるらしい。
これは万が一の時に助かります。

huion-05

がぽっ。

huion-03

モニターです。

huion-06

なんか軽い。計ってみるとugeeより1kg軽いです。スタンドは自分でつけるっぽい。

2

モニター裏側。

huion-17

入っていたもの。

3

1.HUION GT-220 V2液タブ
2.充電式ペン
3.ペンスタンド(8 個余分の替え芯と 1 個ピンセットが含まれています)
4.充電式ペン充電用の USB ケーブル
5.VGA ケーブル
6.HDMI ケーブル
7.電源ケーブル
8.電源アダプタ
9.USB ケーブル
10. 保護フィルム(おまけ)
11.超極細繊維クリーニングクロス (おまけ)
12. 手袋(おまけ)
13.ユーザーマニュアル
14.スタンド足
15.ドライバー

当たり前ですが全て入っていました。

電源ケーブルについては、日本式の2ピンなので変換プラグは要らないのがありがたい。また、モニターアームも付けられるらしいです。

2f5d0557266c1f1649111dd8ab562957

 

 

マニュアルは日本語も載っているのでご安心を。

huion-09 huion-10

スタンドは自分で組み立てます。
といっても4箇所ネジで止めるだけなので作業という程ではありません。

huion-11 huion-12

ちょっと力を入れないと駄目な所もありましたが2分程で設置完了。
あとクリーニングクロスは自前で用意したほうがいいかもです。なんか拭きにくかった。
手袋もなんか使いづらかったので指先はハサミでカットしました。ほつれ止め液は付けときましょう。

e6308fd90f212d92b1eeb2b9a1442645
ちょっと小指切りすぎた感。

ペンです。

huion-13

キャップがついていました。

huion-14

テールスイッチはありません。ここで充電。ちなみに10日使い続けても切れませんでした。基本性能はugeeと一緒かな。

huion-15

芯。ugeeとの互換性はありそうだけど怖いので試してません。

huion-16

スタンド周り。左がhuion、右がugeeです。ugeeはちょっと足が長い。

huion-18

おまけの保護シートですが、ほんとにおまけクオリティです。4隅にかるい粘着がしてあります。
跡が付きますがアルコールティッシュなどで拭けば綺麗になります。私は虹の虹彩みたいなのがぎらついて邪魔だったので剥がしました。その代わりにペーパーライクシートというフィルムを貼りました。これについてのレビューは別の回で。

huion-19

 

これが嫌だった。

f8a2a0adb97dc4aff874b5e9493e662a

 

端子挿すとこ。ugeeと大体一緒です。電源以外はugeeのを使いまわせました。

huion-21

設置

ケーブルはまぁこうなるよねっていう感じ。基本的にugeeもhuionもケーブル周りがちょっと残念だったりする。

huion-22

しかし、今回のhuionであることに気付いてしまった。
これずり落ち防止の固定できるじゃん・・。

huion-23 huion-24
ということはugeeの方も・・と確認したらugeeも支えポイントがありました。
わざわざ粘着シート貼るまでもなかったみたいです。
でも貼ったほうが動かせる自由度は増えるので結果オーライでした。※マネしないでね。

モニターを前に出すとケーブルも解放されるので断線予防にはなりそうです。
また、キーボードの設置は以前と変えました。以前は左に貼っつけてましたが、今回は右に。
腕が邪魔だったからね。枠の距離もugeeと一緒でした。関連 ugee改造編

c43abf7fec9763e8e5efb2f47ea1961c

 

視差

最初に触ってみて思ったことが、薄!でした。ugeeと比べて視差があまりないのです。
左がhuion、右がugeeです。すごい薄いのが目に見えてわかりますね。

huion-25

 

設定

まずは公式からドライバをダウンロードしてきましょう。CDからでもいいですが公式からの方が成功しやすいみたいです。

リンク先の最新のドライバーを選びましょう。MACの人は上の、Windowsの人は下のを選びます。リンク先は21インチモデル用ですので他モデルの方は、上のメニューから「Service」→「Pen Display Driver」→自分のモデル、を選んでください。

1ef0c726263a0b7c961603350aa1b0fc

 

また、インストールする前に他社PenTabletドライバはアンインストールしておいてください。競合して使えません。

その他設定画面に関してはugeeとは違い、文字化けしておらず分かりやすかったです。

huion-26

ここではボタン設定、筆圧設定、画面設定、ペン位置合わせの設定ができます。
ボタン設定に関しては、こんな感じになってます。

6fe3aeb1b09b490da8fdf3e1b6d5f949

ugeeには無かったキーボードキー設定、画面変更設定があるのがいいですね。

画面変更ボタンは、押すともう一つの画面に切り替えてくれます。マウスに持ち替えなくてもいいという訳です。しかしちょっと不安定。切り替えた直後のポインタの位置がリンクボタンなどがあるとそのままクリックされて飛ばされるので厄介。ここがちょっと使いづらいのでせっかくの画面変更ボタンですが使いませんでした。

ブラシ変更、キーボードキーは相性が悪いのかわかりませんが使えませんでした。こんな感じでキーボードキーをボタンに設定できるようですが、使えません。

8f5316cecb91d756385b0f4cafa921cc
一応クリスタでズームアップや回転のショートカットキーを割り当ててみた所、カーソルアイコンは変わりますが、画面に接地して離したらもうひとつのボタンの機能の効果が現れました。

どういうことかというと、ボタン1を画面変更、ボタン2をズームアップに設定。浮かした状態でボタン2を押す。カーソルが虫眼鏡になる。接地させてドラッグしても効果なし、離したら画面が切り替わる、という感じ。

これを利用して逆側にブラシとキーボードキーをもう一つ設定すれば使えるんじゃね、と思いましたがどうやら根本的に使えないみたいで駄目でした。

とりあえず使えるのは右・左クリック、ボタンなし、画面変更の4つの機能という結果になりました。

しかし画像検索すると自分の設定が他の人の表示と違うのは何故だろう。
ここを見ると描画範囲を指定できるっぽい。
19インチとかになると変わるのかな?ちなみにペン表示キャリブレーションは9点キャリブレーションです。

クリスタの線描写が不安定

これさえ・・これさえクリアしていれば・・といった感じ。私だけかもしれませんが、HUION GT-220V2ではクリスタがちょっと不安定です。同じ症状で直ったって方いましたら教えてください。というのは、綺麗な線が引けないという致命的な欠点が・・。

ミリペンで描いた線。左が駄目な状態、右が正常。

huion-28
わかりますかね。微妙にガタついてるんですよ左。

ちなみに左の設定はクリスタ環境設定はwintab、huion設定でタブレットPCサポートのオン・オフ関係なくこうなります。筆圧は効きます。

解決方法

huionの設定でタブレットPCサポート設定をONにする。

ここをチェック付ける。

huion-29

クリスタの環境設定でTabletPCにチェックを付ける。

8ff9d2d041aed528f30127a761d06af8

一度クリスタを非アクティブ化し、またアクティブ化すれば筆圧とガタつきもちゃんと戻ってるはずです。尚、これは私の場合ですので、逆にすれば直ることもあります。結構色んな例があるみたいです。

しかし、TabletPCサポート=デジタルインク機能っぽいので色々と弊害があります。スクロールバーをドラッグする時にラグったり、ブラシサイズ変更、または回転する時にもラグります。

詳しく書くと、ブラシサイズショートカットキーを押して、数px程ドラッグしてようやく反映されます。これが作業に大きく響いてくるので何とかしたいところなんですが解決策が見当たらないんですよね。あとctrlとかのポップアップも表示されて鬱陶しいです。これは慣れますが、カクつくのは頂けない。

線が綺麗で動作カクつきパターンか、サクサク動作で線がガタつくパターンのどっちをとるか状態。今のところクリスタはWacom以外の液タブは対応外らしいので諦めるしか無いか、Huion公式が対応してくれるかどっちかですね。

OSD(設定)

これについてはugeeとほぼ一緒なのでそちらを見て頂ければと思います。関連  UGEE UG-2150レビュー 比較・設定編
huionでは色調整ができます。(ugeeは選択できなかった)
また、ugeeと同じように画面にautoボタンもが付いてますが押しても自動調整されません。
謎ですがうっかり押して調整リセットってことが無いのは良いことです。

1

ugee-2150との比較まとめ

■価格の安さ huion<ugee

■サポート 受けてないので分からない。世間一般ではhuionがいいとのこと。

■ドライバ安定率 huion<ugee ドライバはugeeの方が安定しています。

huionの場合、マウスに持ち替えて少し作業をしてペンに戻ったらドライバが不具合を起こして使えなくなっているという現象が多発。
とりあえずタスクマネージャーで強制終了させてもう一度ドライバを起動、タスクバーのアイコンをクリックすれば直る。何かが競合している?ugeeは入れるまでが大変だったが不具合はまだ一度も起きていない。

■ペン先沈み度 huion>ugee

huionの方がより沈む。でもWacomのペンタブと比べたら両者共ぐらぐらの歯を触ってる感じ。
でも慣れてしまえばこの描き心地が段々心地よくなってくる。(個人差あり)

■視差がより少ない huion>ugee

huionの方が少ない。遅延についてもどちらも同じで悪くない。

■機能面 huion>ugee

huionが良い。ペンボタンで画面を切り替えられのが大きい。
主な違いはugeeはダブルクリックできるけど画面変更がない。huionは画面変更できるけどダブルクリックが無い。
画面のオート調整ができるのはugee。huionも一応ついてるけどなぜか効かなかった。でも手動調整の方がいいのであまり関係ない。

■扱いやすさ huion>ugee

重量的にも扱いやすさはhuionが上だと思った。
机から飛び出すように設置しても椅子の手すりにぎりぎり当たらない位置だったので使いやすかった。
ugeeは足部分もあるしhuionより下に下がってしまったので手すりに当たって落下してしまう危険性があった。
というかこの使い方は間違ってるんでしょうけど笑

fe13020594c2412bcce3581d9576a706

■設定のしやすさ huion>ugee

日本語で文字化けしていないのがgood。

■発色 huion=ugee

どっちも許容範囲内です。huionは若干緑がかっていたので緑をちょっと下げたら丁度良くなりました。

huion-30

■対応ソフト huion>ugee

ugeeでは不安定だったSAIが使えます。ただ、huionはクリスタがイマイチ。

どっちが買いか

使用者のPC環境にもよるので何とも言えません。どちらも一長一短がありますしね。外国産液タブは安い分多少のリスクはあるものだと思ってください。

私個人の好みというかhuionの画面変更時の挙動、クリスタ仕様時のデジタルインク機能特有のラグ、ドライバ故障率を考えるとugee-2150の方が安定感はあるように思いました。

 

81bCLbUPndL._SL1500_
HUION GT-220V2 IPS液晶21.5インチ液晶ペンタブレット フルHD液タブ シルバー (V2 シルバー)

スポンサードリンク
吉成曜画集 ラクガキ編

Comment

  1. 匿名 より:

    HUION?のAmazonでの商品写真の画面絵が岸田メルさんなのは反則だと思いますw

  2. 匿名 より:

    HUIONでもいいかなぁ...クリスタがもし自分の環境でダメでもフォトショでやればいいし、でもやっぱワコムのほうが無難かなぁ。あんま面倒なことになるのは避けたいし。。。
    思い切って単体でWindowsで動くやつもがんばったら買えないこともないけど。。。うぅむ。。。。迷う

    • ☆moera ☆moera より:

      悩む理由が値段なら買え、買う理由が値段なら止めておけ、という言葉をあなたに捧げます。

  3. 匿名 より:

    悩んでいる理由も買う理由も「値段」ではない私。。。

  4. 匿名 より:

    レビューお疲れ様です。海外産はとても安いですね・・・国産1つ買うのに外国産液タブ2~3個買えちゃう値段って聞くと海外産買っちゃいそうになりますね。
    自分はDTK-2200を使っていてこいつは最強だと自分では思ってるのですがやはり値段が高いですからね。
    海外産は外枠が小さく液タブキーがない感じなので左手用のキーボードがあると便利かもしれません。
    最後に値段が安いのでこれからイラストを描かれる方や板タブから液タブにしたいって方ならおすすめですかね。ワコム製より安いので壊れてもダメージは少ないですからね(購入される場合などはちゃんとレビューをみてから買ってください)
    市場に海外産の液タブが参入してきたのでワコム製の液タブなどの値段も下がるということになるといいですね(灬╹ω╹灬)

    • ☆moera ☆moera より:

      コメントありがとうございます!
      海外製の品質があがればWacomも下げざるを得なくなりそうですがまだまだWacomの品質は良い方ですからねー。
      DTK-2200羨ましい!一番今欲しいのがmobilestudio proです・・笑

  5. 匿名 より:

    mobilestudio proは高いですね・・・調べてみてびっくりしましたw 
    現状仕事で使ってるので自分は性能のいいものを使ってますが、趣味なら海外製でも良さそうですし友人も海外製買おうかなって言ってましたw 
    液タブの弱点が発熱と他モニターとの色の差ですから仕事で使うなら高いものとか性能がいいものってなりますからね・・・特にイラストなどは色が命なところありますからね(^^;)
    moeraさんはどの液タブをお使いになられてるんですか?

    • ☆moera ☆moera より:

      モバスタはいつか買いたい・・けどそれは夢の夢で終わりそうですw
      趣味で使うなら海外液タブはおすすめですね!仕事となるとやはりいいものを使いたいもんです。発色も機能も大事ですからね。
      結局私は長年にわたる板タブ生活に慣れていたのでせっかくの液タブですが、サブモニターとして活躍してもらうことにしました。
      また液タブとして使いたくなった時に使いますw ちなみにugeeが使いやすかったのでugeeを使ってます。
      huionは万が一の時のための予備として・・。

コメントフォームの使い方とお約束 ※クリックで開きます

スポンサードリンク
PAGE TOP ↑