少年(ショタ)の描き方

【肩と首】これから絵を描き始める人へ その6

公開日:  最終更新日:2016/10/25

どうもmoeraです。食欲の秋ですね。お腹減って辛いです。

さて、今回は肩と首を描く時の考え方などを紹介します。

関連 これから絵を描き始める人へ その1

スポンサードリンク

肩の基礎知識

肩はキャラクターを描く時に感情を表現しやすい部分。

c951d8c07b5820cc38fee66c113a48e5

肩は耳に付き、結構上下します。描く前にストレッチして肩の力を抜くのも手かもしれない。

9db108dda3be2c6e6bb669b26f6c24d9

ハンガーをイメージする。直角になってると固くなってしまう。

ecfeb3402b8acc1149b2bf1fa9ab0ee8

角度による肩の長さの変化

角度によって肩の長さが変わります。肩は少し湾曲してるので理屈では奥が長く見えます。角度によっては逆転しますが。

背面の場合は奥が短く見える。けど大体一緒なので気持ち差をつける程度で良いと思います。

323b2d7a22a5adc4ea4769738e9609dc

 

肩を後ろに引いたりする(胸を張る感じ)と奥の方が若干短くなります。肩を前にするか後ろにするかで変化します。姿勢で変わるという事も覚えておく。

76de4f2424a31a7a330549581fab3324

肩の動作

微妙な変化ですが掻き分けできると細かい描写ができるようになります。

左から。前に動かす、後ろに引く、上げる、下げる、です。

e01d39dcb2fd6a91553b84aa9ebae085

 

バンザイ。

f37dcb8ba611824f28afa3810287b398

肩を上げるポーズはよく使われるのでマスターしておきたい所ですね。

3b317d4acf54ff80fe5348d7d03ff5cf

首の動作

f743177c4c713c9725b974f6ac4b9ebc

柔らかい人は見てると不安になるくらい曲がります。

65208be6c7ea661e2a5651031a3b105f

描き忘れて後から追加したシャフ度。これ前も描いた気がするのは気のせいかな。

6a87ee78ad4fbce53b970da6056ea3d2

頭と体が重なってる時の考え方

猫背や俯瞰は頭と体が重なる。

d31e8a148919801e61e96a869b347e03

 

今回に限らず、見えなくて描き辛い部分は奥の部分から考えて描くと成功しやすいです。まずは肩から描いて次に頭、最後に首を繋ぐといった感じ。初めは難しいですがこれも数をこなして慣れていくしか無いです。これは腕を描く時のパターンでも同じですね。肩描いて次に手を描いて腕で繋ぐ。

慣れてる人は頭から描いても良いのですが、そうでない方は問題が出てきます。というのは、新しい描き方に挑戦すると、違和感が出て修正、の繰り返しでいつのまにか描き慣れてる向きになってしまうんですね。なので土台を描いてからそれに合わせるように描くと成功しやすいというわけです。

全身を描くときも同じく背骨から描くようにするといいです。これはまた別の機会に。

 

色々な角度で描けるようになれば怖いもん無し。

269d1e2a4adfb3e4019324776da0c676

 

自分なりの描きやすい肩の描き方を見つけよう!

bacf5fd725c20cbab344d58d60d915da

最後に

立体的に捉えられるようにする為にはやはり実物を見てデッサンをしなくてはいけませんが、アニメ絵を描くのが目的なら、「この角度ならこう描く」等、記憶する感じでも良いと思います。ただ、突き詰めるならデッサンは必要になります。

また、解剖学や骨格の勉強から手を付けるより初めは好きに描いて、必要に応じて勉強していく方が答え合わせもできるし、スムーズに吸収できると思います。

そして、一番勉強になるのはやはり自分の体です。椅子やドアにアームクリップを固定してスマホを挟めば楽に自撮りできるのでおすすめです。以前紹介しましたが、使ってるやつ↓

クリップ CLW1 /1-9987-01
クリップ CLW1 /1-9987-01

 

【今回参考にしたもの】

オールカラー版 人体の描き方マスターブック (ナツメ社Artマスター)

Google画像検索「ワキ」

アニメ私塾さん

 

【正面顔】これから絵を描き始める人へ その7

スポンサードリンク
吉成曜画集 ラクガキ編

Comment

  1. 匿名 より:

    いつも拝見させていただいております。今回もとても勉強になりました。ありがとうございます。

  2. 匿名 より:

    いつも拝見させていただいております。
    以前、こちらのコメントの方で肩回りの動きや見え方の解説を厚かましくもお願いした者です。

    今回の講座はとても勉強になりました。厚かましいお願いを聞いて頂き、反映してくださった管理人様にとても感謝している所存です。
    この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

    サイトの更新をいつも楽しみにしつつ、勉強させていただいてます。
    季節の変わり目で天候が良くない日が続いておりますが、管理人様も体調にお気をつけて
    無理のない範囲でサイトの更新をして下さると大変嬉しく思います。

    いつもありがとうございます。またの更新を楽しみにしてます。

    • ☆moera ☆moera より:

      いつも見て頂きありがとうございます。
      自分にとってもいい復習になりましたのでこちらとしても感謝してます。
      まだまだ書きたい講座などがありますので亀更新ですが頑張っていきます!

コメントを残す

コメントフォームの使い方とお約束 ※クリックで開きます

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
PAGE TOP ↑