少年(ショタ)の描き方

これから絵を描き始める人へ その3 【基礎練習】

公開日:  最終更新日:2016/03/13

卒業式

どうもmoeraです。

今回は実際に描いて練習していきます。紙と削った鉛筆と消しゴムを用意しましょう。鉛筆はHBかBくらいが理想。濃いと消し跡残りやすいしなんか線が曖昧になりやすいですしね。まぁ好みですが笑

なお、定規やコンパスなどの道具は使ってはいけません。全てフリーハンドで描いていきます。ちなみに鉛筆はカッターで削ると手先がちょっと器用になります。

関連 これから絵を描き始める人へ

スポンサードリンク

本格的に描く前に

まず準備運動をします。軽く手慣らしをしてからの方が筆が乗りやすいからです。

まず丸を描く練習から始めましょう。なるべく一筆で描きます。本番の時は分割して描いた方が綺麗に描けますが、練習なので綺麗な丸を描く事に慣れておく。正円じゃなくてある程度綺麗な丸で構いません。
0kara
ダメな例でもあるようにちゃんと閉じるようにして描くことを意識します。最初は小さい丸から始めて、徐々に大きい丸でも綺麗に描けるようにしましょう。紙1枚分くらいでいいと思います。

次は三角や四角などの図形を描いていきましょう。大きさは丸と同じく小さいのやら大きいのやらを色々描いてみてください。こちらも紙1枚分。徐々に綺麗な丸を増やしていくことを目標にしていきましょう。これに限らず練習で描いた紙は日付を書いてとっておくといいです。
0kara02

次は線を引きます。紙の角度を変えないで直線、横線を引いていきます。斜線、曲線は引きやすい角度でOKです。これらは均等に線を引く、線を引く事に慣れる練習です。
ぐるぐるなども綺麗に線が引けるように描いていきます。これも紙1枚分。
0kara03

初めこそはたくさん描きますが、慣れてきたら徐々に減らしていっても構いません。

そして、丸も図形も線も綺麗に描けるようになったら別の手馴し方法でもOKです。例えば参考本の絵を数点模写するなど。私はルーミスの「優しい人物画」の絵の模写をしています。英語版は著作権が切れており、ネットでダウンロードできます。絵を見るだけでも勉強になるのでオススメです。

立体的な物を描く

次は立方体や円柱を描いていきます。学校の授業とかでもよく描きましたよね。普通の立方体はパースが少しかかっていますが、難しければ無視してもOK。ティッシュの箱などを参考にして別の角度で描いてみるなどしてみてもいいでしょう。
0kara04

次は倉庫にあるダンボールみたいに立方体を配置していきます。なるべく複雑な配置にすると練習になります。立体的に描く感覚を身に付ける練習です。
マスはその時に応じて角度を変えるといいでしょう。
0kara05.1

次は四角からイスを描いていきましょう。イスや机はブロックの集合体で描くことが出来ます。
0kara06

ブロック状から描くほうが狂いが少ないし描きやすいです。描いた後に気付いたけどマイクとリモコンはそのまま描いたほうが早いですねこれ。
0kara090kara10
と、このような感じで最初は人物に入る前にモノを描きます。微妙な曲線や、直線の引き方などをある程度手に覚えさせます。人工物の様に直線が多いモノは比較的描きやすいので上手く描けるようになると自信がつきます。気をつけるところは平行なところは平行と、線の角度を統一させる事です。少しでもずれると全体的に変な感じになってしまうので注意です。

人物、モノを描く時は全体のアウトライン(輪郭)を捉えて描くことがコツです。外側をまず描いてから内側を描く感じ。また、プラモデルを組んだり、粘土で遊ぶことも立体感を捉える練習になるのでオススメです。

なお、きちんとしたイラストを描く場合はちゃんと定規を使った方がいいです。線を引く練習も兼ねていますのでフリーハンドでの練習とさせて頂きました。

基本の描き方はヒトカク先生の方でも丁寧に説明されてるのでそちらも是非御覧ください。

【顔の描き方】これから絵を描き始める人へ その4

スポンサードリンク
吉成曜画集 ラクガキ編

Comment

  1. r より:

    >上手く描けるようになると自身がつきます
    誤変換の指摘ですが「自信」ですね

    千里の道も一歩からですなぁ

  2. 匿名 より:

    もう何年も描いてるけどこの記事読んだから基礎練習しっちゃう

  3. 匿名 より:

    人はかけるけど綺麗な丸とか練習したこと無いな…
    したほうがいいのかな

  4. 匿名 より:

    これって四角や三角も一筆書きで練習するのですか?

    • ☆moera ☆moera より:

      いえ、1辺ごとに分けて描いてもいいですよ。
      その方が描きやすいはずです。

コメントを残す

コメントフォームの使い方とお約束 ※クリックで開きます

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
PAGE TOP ↑