少年(ショタ)の描き方

これから絵を描き始める人へ

公開日:  最終更新日:2016/03/13

49話

 

どうもmoeraです。今日はこれからお絵かきを始めたいと思ってる人向けの記事です。
0から始めるお絵かき講座というリクエストがあったので今回は久々の精神論の回。書いてたら超長くなってしまったので何回か分割して更新します。

スポンサードリンク

楽しむために描くのか上手くなるために描くのか

 

楽しむため

まず目的をはっきりさせておきます。

絵を描いてるうまい人は大半が物心つく前から描いてる人ばかりで、大人になってから始めるというのは未経験者にとって少しハードルが高い印象があります。しかしそれはどの分野にも同じことが言えます。音楽だったりスポーツだったり。

とにかく物心付く前に描き始めてる人にとっての利点は、絵を描く=生活の一部となっているので、息をするように描き続けています。

逆にこれから始めるという方は、「とりあえず触ってみて上達しなければ辞めればいいや」という選択肢が存在しています。
しかし、前者の方は別に上達を目的に描いてる訳では無く、描くのが楽しいから続けています。その結果、上手くなっていく事も楽しくなって現在も描き続けています。これがこれから始める人と、今も描き続けている人の認識の違いだと考えています。上手くなるために描くのが間違いと言いたいのではありません。楽しむことを忘れてしまうのがまずいのです。

ちなみにこれは今壁にぶつかってる人にも同じことが言えます。上達しようしようと躍起になっているとすぐに壁にぶつかるので一度初心に戻ることが大事です。

大人になってからだと遅い?

大人と子供

だったら今さら描き始めても遅いよな、と考えてしまいがちですが、絵の上達に年齢は関係ありません。大事なのはやる気。これだけです。

というのは、子供の頃から描いてると言っても落書きばかりを量産している子が大半です(私がそうでした)。そういう人が真面目に練習してない場合、普通の人より絵心がちょっとあるくらいで飛び抜けて上手いという訳ではないのです。絵描き歴5年の人を1年で追い越すということもよくある話です。

上手い人とそうでない人の違いは、「集中して描いた時間が多いかそうでないか」、だと思います。こないだ某掲示板で小学5年生が模写した絵を見ました。本当に小学生なの?と疑ってしまうくらいの技術でしたが、お父さんのコメントを見て納得しました。

こちらがその動画です。

動画にあったコメントですが紹介します。

「モノの形を把握する目の良さと、複雑な絵で大変でも最後まで描き上げる根性がお前の-才能だから、大切に育みなさい」
と伝え、絵を描くための画材や環境などを用意しました。
現在は中高一貫校合格を目指して受験勉強を毎日欠かさずやり、
大好きなゲームを我慢して時間を作っては絵の練習を頑張っています。
大雑把に計算すると集中して絵を描いた時間は1000時間を超えていると思われます。
もし息子の絵をご覧になった皆様が小学生にしては上手いと感じられたなら、
モノの形を把握する目の良さという長所があるにせよ90%以上は上記の努力の賜物だと考えます。
通常、小学生はそこまで真摯に絵に向かい合わないから上達しないだけで、
子供の集中力で努力が続けられるのならば相応に上手くなっていくのかも知れません。

このコメントをみてどう感じるかは人によって違うかもしれません。
諦める前にまず1,000時間以上練習してから判断してみてはいかがでしょうか。

大人になってからの利点は金銭面では子供より有利なので、いかに効率の良い環境を整えられるかでモチベーショにも差が出てきます。宝の持ち腐れにならないようにしなければいけませんが笑

逆に不利な点は絵を描く時間が限られているということ。寝る前の30分はお絵かきタイムにするなどの工夫が必要となってきます。

おまけ

まだ真面目に絵を描いた事が無い人にとっては、絵を描くことで何がどうなるのかが分かりませんよね。きっと楽しくなるんだろうなーという認識だと思います。では何を得られるのか考えてみます。

画力
まぁ描くんですからこれが得られないと本末転倒ですね。

絵描き友達
同じ趣味を持つ仲間が居れば人生が豊かになります。

絵に対する理解
あるレベルまでいくと絵を見た時にこう描いてるんだろうなと分かるようになります。今まで解からなかったあの絵師さんの描き方が手に取るように解かるぜーー!とまではいきませんがある程度真似するくらいはできるようになります。

充実感・達成感
大作が完成した時は嬉しいです。

色彩感覚
細かい色の違いなどを認識できるようになります。

仕事の幅が広がる
できることが増えるので、職に繋がる事も。

幸福感
自分の絵で人を幸せに出来ると考えるとなんだか嬉しくなります。

d7089829f97b4dab372ffffa75e7efeb

恋人
絵から始まる恋。そんな出会いがあってもいいんじゃないでしょうか(願望)

 

では逆に失うものも考えてみます。

時間
無駄と思うか有益と思うかはあなた次第です。

a9c36ca4b2e71bfd4d0f49e60058584f

健康
専業の絵描きは座りっぱなしなので、色々とガタがきます。健康を維持する努力も欠かせない。

お金
アナログ、デジタルも消耗品がいい値段します。デジタルは初期投資さえすればあとは細かい出費ですが。
まぁ趣味はそういうものだと思いますけどね。

何か大切なもの
あの頃持っていたピュアな気持ちは消え去ります。

46eee3ad4a0d29fe715cf09407d74b25

こんなもんでしょうか。趣味で始める分にはいいのですが、仕事にしたくて始めるって方はそれ相応のリスクや覚悟はしておいたほうがいいかもしれません。今回はその話じゃないので別の機会に。

その2へ続く。

 

 

スポンサードリンク
吉成曜画集 ラクガキ編

Comment

  1. 匿名 より:

    私も絵を描き始めたのが周りよりずっと遅くてそれがコンプレックスになっていました。子供の頃から描き続けてないと上手くなんてなれないんじゃないか、と上達を諦めかけた事もあったので、今回のような大人になってから始める人向けの記事を書いてくださっただけでもとても励まされました。
    これからの更新も楽しみにしています。

    • ☆moera ☆moera より:

      この記事がお役に立てたなら嬉しい限りです。
      子供の頃から描いてる人は大勢いるのですが、上手い人というのはその中で特に努力した人なんですよね。
      努力は裏切らないので頑張ってください。ここで言う努力というのは一生懸命考えて悩んで描くことです。

  2. 匿名 より:

    とりあえず彩ちんかわいい

  3. 匿名 より:

    ピュアな気持ちがなくなりますで不覚にも噴飯

  4. 匿名 より:

    彩かわ

  5. ふらわぁ より:

    わたしもYouTubeなどで上手い人のイラストを見るとやる気無くなったりもう無理だ…とか嫉妬などするけど、今から頑張れば…まだ学生だし時間はある。と思えました!

  6. 匿名 より:

    彩ちゃんの父さん上手いw

コメントを残す

コメントフォームの使い方とお約束 ※クリックで開きます

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
PAGE TOP ↑