少年(ショタ)の描き方

清書より下書きの方がいい感じに見える現象について

公開日: 

どうもmoeraです。

線画が完成した後、見返すと何か微妙になってる事は皆さんにも経験があると思います。

下書きやラフの状態だとまだ線が曖昧なので脳が都合よくいい感じに見える線を勝手に選んで補正してるので、いざ線画にしてみると思っていたのと違う!となるわけです。そうならないために正しい線を選択する必要があるわけですが・・・。

こうなりやすい線は下の画像のような線です。個人的な感覚なので全ての人に当てはまらないとは思います。

線画に移る前の状態を想定。

推移

スポンサードリンク

ちょっとキャラデザがぶれてますが線に注目していただければと思います。各絵の説明は以下の通り。

右上…細い線である程度一筆で描いている

中心上…ちょっと線を重ねてる

左上…太い線で描いている

右下…細かい線を重ねている

中心下…大体の形を取って清書へ

左下…なんとなくのアタリで描く

迷い線は控える

線が重なっている線を『迷い線』といいます。こんな感じでしょと誤魔化してる線です。

プロ級になれば左下の絵からいきなり線画に行ける人もいるかもしれません。アタリが丸の人もいるくらいですしね。恐ろしい。

学生の頃右下のような線で模写をしていたら、先生から『線を重ねないように。なるべく一筆で描きなさい』と言われました。つまりよく見て描けということです。

そんなこと言われても…状態でしたが、慣れてくると結構描けるようになるものです。線を重ねて描いてしまうのはこれで合ってるのかという不安な気持ちや、とりあえずの様子見、またはただの癖でシャッシャっとやってしまう場合が多いです。私も癖でシャッシャと細かく描いてました。というよりこう描くものだと思っていました。

話がそれましたが、線画を描く時はなるべく迷い線がない状態で描いたほうが完成後のイメージと近い状態で描けるのでコレジャナイ感が薄まります。完全にイメージの相違を無くすには下書きの時に完璧に清書並に綺麗に描くことです。しかしそれはあまりにも効率が悪いのである程度綺麗に描くのが現実的ですね。

デジタルの場合アンドゥがあるので思い切り線を引けるのがメリットです。迷い線を増やさないように描くことを心がけましょう。

太い線の場合

では太い線の場合はどうでしょう?

太い線で清書をするのであればそのままでも良いのですが、細い線で清書すると太い線から細い線に変わってしまう訳なので、印象がこれまた変わってしまい『コレジャナイ感』が強くなるのです。線の太さを考えて下書きを描くようにすると失敗はしにくいです。

逆に細い線から太い線で清書もコレジャナイになっちゃうこともあるので気をつけましょう。しかし細い線の予定が、太い線も結構いい感じかも?となるパターンが多いのが私です。ありますよね?

ラフな線が映える場合もある

絵にも状況によっては迷い線、というよりちょっと雑な線がある場合が映える事もあります。と言っても計算して描かないとただの汚い絵になってしまうので難しいです。いい感じのラフ絵を描く人を研究する必要があります。

勢いがある絵だと雑な線を残すのも手法の一つなので必ずしも迷い線はダメというわけではありません。記憶に新しいのが冨樫先生のハンターハンターの蟻編がコミックだと線がある程度綺麗になっているのですが、場面によってはラフの方が良かったという声もありましたよね。

ただこれは漫画や一部のイラストで通用する技なので、ゲームの立ち絵などのビジュアル優先なものはしっかり描かないといけないので綺麗にしたほうがいいですね。ラフな線が持ち味なイラストレーターさんは別ですが。

終わりに

今回は自分の主観で描いたのでそれは違うという点もいくつかあると思いますが、一つの意見として捉えていただければ幸いです。

プロの人の動画を見ると色んな描き方があるもので、雑な状態から一気に仕上げる人や丁寧に描いてから仕上げる人など様々です。ただ、慣れてない人はまずちゃんと綺麗にしてから仕上げたほうがいいのは間違い無いと思います。

私自身よくやる手法が、ラフの線を少しずつ削っていく手法。レイヤーの上から新しく描くのではなく、削って綺麗な線に仕上げていくというもの。時間はかかりますが、イメージ通りの線になります。というより下書きをだらだら描いてたらいつのまにか綺麗になっててこれが線画でいいやとなってるだけなんですけどね。

 

 

スポンサードリンク
吉成曜画集 ラクガキ編

Comment

  1. 匿名 より:

    単に線が多いから誤摩化されてるだけやな

  2. 匿名 より:

    あるあるすぎるw

  3. 匿名 より:

    ラフな線画も好きな私としては、なんとかキレイな雑さが出せないかと思案中。

  4. 匿名 より:

    ラフだとすごい躍動感あるように描けて、お!いいじゃん!って思いながら清書するとなんかコレジャナイ感が…ってのは結構ある(´;ω;`)

  5. 匿名 より:

    アタリとラフ、下書きは別の物
    上手い人のメイキングを見て、アタリを取った後に綺麗な線を描いているのに更に清書をするのだろうと思っていましたが、ここ見て気が付きました。
    ありがとうございます

  6. 匿名 より:

    すごいあるあるです。これと別に、ラフと下書きを同じレイヤーに描いちゃった時の絶望感は異常です…
    そのあと半泣きしながら線画描きました。ただでさえ線が重なってる二つの工程の上に線画を描くってかなり見づらく、大変でした…線画で綺麗な雑さを表現するには、髪に跳ね毛を描いて見たりとかさりげなーく手をあり得ない感じに描写したり…(良く見えない方の手ですよ?差し出してる方の手を雑っぽく描いたら手抜きだと思われるので注意)みたいな感じですね。

コメントを残す

コメントフォームの使い方とお約束 ※クリックで開きます

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
PAGE TOP ↑