少年(ショタ)の描き方

イラスト投稿後すぐ消してしまわないようにするには

公開日: 

037

どうもmoeraです。

今日はすぐ消してしまう病について考えます。

スポンサードリンク

絵を寝かす

皆さんは完成させた絵をすぐにSNSなどに投稿しますか?もし完成後、すぐに投稿しているようでしたら今日から少し間を空けてから投稿すると失敗がないかもしれません。

早くみんなに見てもらいたい!と、はやる気持ちは分かりますが、そのせいで後で見るとミスをしてるなどガッカリなことになっていることが多いです。そして、ついやってしまうのが絵の削除です。

pixivの場合、プレミアムなら再投稿で修正は出来ますが、一般会員の方はどうしようもありません。泣く泣く消してしまうこともあるでしょう。そんなことにならないために、完成しても1日は寝かせるようにすると良いです。

流れ

絵を描く時、ラフ、下書き、ペン入れ、塗り、と行程を重ねていきますが、一旦下書きで止めます。そして翌日、もしくは数時間後もう一度その絵を見てみます。すると違和感がある部分が見えてくるはずです。そして違和感が無くなったらペン入れをする、そしてまた寝かす、という流れ。この方が失敗しにくいです。長時間同じものを見続けると目が慣れてしまい、悪い部分が分からなくなるので少し間を空けるということです。ただ、この方法は2つの欠点があります。

途中で切り上げないといけない

一つ目が途中で作業を中断しないとダメという点。せっかく筆が乗ってきたのに、途中でやめなければいけません。普段エンジンがかかりにくい人はここぞとばかりに完成させないと、次はいつエンジンかかるかわからないものです。また、その時の気分で描き上げないと色々影響が出てくる恐れもあります。

ですが、やはり途中で切り上げた方が良いと思います。
エンジンがかからないのは改善余地があるし、クオリティを犠牲にしてまで描き続けるのはあまり得策ではありません。ただし、ちゃんと次も同じ絵に向かえる事が前提です。無理なら寝かすという作業は飛ばしてそのまま完成させましょう。

その時の気分、これは例えばすごいキュンとする絵などを見てインスピレーションが湧き、一気に描き上げる場合です。これがまた厄介で、熱が冷めると興味がなくなり、途中で止めてしまうと続きを描くのが億劫になったりします。なので無駄にしないためにも一気に仕上げたほうがいい場合もあります。しかし、その都度創作意欲を引き出せるポテンシャルをお持ちの方は例外です。

絵は精神的要素が大きいので、自分の気分を高める何かがあれば、それを活用したほうがいいです。管理人の場合は好きな作家さんの画集などを見て高めたりしてます。

いつまで経っても作品が完成しない

二つ目が作品がなかなか進まない点です。下書きで止めて、見返して修正して、寝かしてまた修正と繰り返すのは効率的ではないですね。
その場合は別の作品も同時進行で進めるとよいです。効率的だし、他の作品を描いて、もう一度最初の絵に戻ると客観的に見れるのでおすすめです。

中断することで得られるもの

もちろん他にもメリットはあります。絵は体力勝負なので、長時間作業していると疲れます。それでもうこれでいいやと妥協してしまう事があります。

そこで1日休んで体力とモチベーションを回復させることで、さらに描き込む余裕ができます。1日で完成させてしまう方は休むというのも作業の一つという事を覚えておくといいでしょう。

最後に

他の方法は、Twitterなど新しいアカウントを作って投稿してみることです。そうすることで客観的に見ることができ、すぐ消してしまう病を防げるかもしれません。

SNSなどで、一度絵を上げるも、やっぱりなんか恥ずかしくなってきたから消す、という行為はせっかく見てくれた人やお気に入りに登録してくれた方を残念な気持ちにさせてしまわないためにも極力やめたほうがいいでしょう。『この人は投稿してもすぐ消す人』と覚えられたくないですしね。気に入らなくてもそれを残す事で、後で見返してこの時の絵から大分上達したなーとポジティブに捉えることが大切だと思います。

それに、描いて消したら自分の作品が増えていきませんしね。

スポンサードリンク
吉成曜画集 ラクガキ編

Comment

  1. 匿名 より:

    ついおととい勢いのまま投稿して後悔したクチです…
    旬ジャンルだからブクマしてくださる人がいるのが返って申し訳なくなりました
    1日寝かしてから投稿したほうがいいですね!^^;

  2. 匿名? より:

    絵を消す人がわからん〜 評価がない=絵を消すというのがわからん 絵消されると悲しいわ‥‥

コメントを残す

コメントフォームの使い方とお約束 ※クリックで開きます

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
PAGE TOP ↑