少年(ショタ)の描き方

レイヤー数を抑えて描くのが上級者という考え方

公開日: 

036.1

4コマの制作記録としてなるべく残しておくことにしました。

どうもmoeraです。

今回はレイヤーの数について考えます。

スポンサードリンク

レイヤーとはなんぞ?という方に簡単に説明します。

お絵かきソフトで、レイヤーという機能があるのですが、例えば1枚目のレイヤーに線画を描いて、その下にもう一枚レイヤーを重ねて色を塗るという風に使うのが主な使い方です。非常に便利!

43395b18eb7edf15f8489e2ca7170e9d

 

しかし、描いてみた動画を見てたら一部の方で『レイヤー作りすぎwww』と小馬鹿にしている様子が気になりました。私も初心者だった頃はレイヤーを最小限で描くのが上級者なんだ!と思っていた時代もありました。

レイヤー数はその人の絵の描き方、性格で左右されるものなので、少ないのが良いというのは間違いです。でも厚塗り系は逆にレイヤーを増やすと描き辛いので少な目で描かれる方が多いですね。大作になるほどレイヤーの数が多くなるのが普通だと思います。

では、レイヤーを多く作って細かく分けるとどうなるか、メリット、デメリットを挙げていきます。

【メリット】

  • 後で修正をしやすい
  • 部分ごとで色を調整できる
  • 効率が良くなる
  • クオリティアップに繋がる

【デメリット】

  • データサイズが大きくなる
  • 整理が大変
  • 大量のレイヤーを結合するときにエラーを吐く可能性がある

他にもあると思いますがこんな感じだと思います。

では、レイヤーが少ないとどうなるか。

【メリット】

  • データが軽い
  • レイヤー移動の煩わしさが無くなる

【デメリット】

  • 修正が困難になる
  • 大胆な構図に挑みにくい

こんな感じでしょうか。

レイヤー分けてないと後で修正しようと思ったら結合されてたーなんてのはよく聞く話です。そして、ちゃんとした絵を描こうとするなら、色分けは大事です。

しかし、部分ごとに分けると言っても考えなしに分けていると膨大な数になり、SAIならあっというまに上限までいってしまいます。(200枚が上限)なので、複数の部分ごとに分けると良いでしょう(例:人物なら腕、足で1セット等)。もしくは結合しながら進めていく。

この絵は記事用に描いたものですが、

04337bfe22e7f584576135200bafbc229

 

使用したレイヤーは大体50枚くらいです。

レイヤ

自分でもちょっと多いかなと思ったりしますが、保険がないと心配になる性格なので細かく分けてます。やっぱこうしようってなった時修正できないとタイムロスになりますしね。

ちなみにレイヤー名は皆さんにもわかりやすく名前付けてますが普段はつけてません。でもそれで効率が下がることは無いです。ショートカットキー(ctrl+shift+対象物クリック)でレイヤー移動できるおかげなのですが、結果ぐちゃぐちゃになるのがデフォです。

憧れの人は普段レイヤー10枚以下で描くみたいだから自分もそうしよう!と真似するのは自由ですが、その結果、自分の首を締めることの無いように気をつけましょう。数が多いのは別に恥では無いのです!逆に少ないとクオリティを上げるのが大変になりますので使えるものは使っておくのが良いです。

最初は無駄に作りすぎてしまうかもしれませんが、慣れてくると自分なりに法則性が分かるようになって自然と最適化されてくので気にする必要はありません。

ただし、同人ゲームなどで共同作業する場合、ある程度結合したりして分かりやすく整理したほうがいい場合もあります。

スポンサードリンク
吉成曜画集 ラクガキ編

Comment

  1. 匿名 より:

    レイヤー使ってなんぼや
    あるものは最大限活かすのが上級者やで

  2. 今回の感想。
    私は逆に、上級者ほどレイヤーを多く使うものだと思っていました。
    描き手によってそれぞれ、正解なんてないんですね。
    もっともそれは、絵全体に言えることですけどね。

    けれど管理人さん、レイヤー50枚……これはないのでは?
    余計なお世話だったらすみません。

    • 匿名 より:

      クオリティ高いし50枚で「これはない」ってことはないと思います
      どういった構成・枚数であれば適切だったのかご自身のイラストを添えて教えてくれませんか?

    • 匿名 より:

      上級者以前に、絵の基礎ができてない人が言うセリフじゃないですけどね。
      レイヤー1枚でも人を満足させることができない人もいますけどね。
      誰とは言いませんが。

  3. もふ~ん より:

    確かに塗り方や配色方法、パーツの書き分け方とかで人によってかなり使うレイヤー数って分かれますよね。
    軽く描いたようなイラストでもデジタルだと結構な数のレイヤー数になる事もありますし。
    たまにうっかり無くてもいいレイヤー作ってたり、予防線で多めに分け過ぎてしまう事もありますが。

    統合をしたりして最終的には少なくなる場合もあっても、50枚とかよくある話なんじゃないですかね。
    そもそも個人で特性に違いのある部分ですし、レイヤーの枚数がどうだこうだと言うのは、ナンセンスな部分なのでしょうね。

    自分で拘る分には自由なので良いのでしょうが、~であるべき・~であるべからずに拘って、他人のやり方を認めないというのは間違いですよね。

  4. 匿名 より:

    レイヤー0枚?1枚?よくわからんがとりあえずマウスとペイントでどこまでやれるか挑戦してみた結果

    N9I7ef1.png

  5. 匿名? より:

    レイヤーの数で上級者とかそうじゃないとかそんなもの無いだろう。レイヤーたくさん使う人がいる。レイヤーをそんなに使わない人がいる。それでいいじゃ無いか。描ければいいんやで。

  6. 匿名 より:

    これも偏見かもしれませんが、上級者はレイヤーの数というよりどんだけ少なくともレイヤーにちゃんと名前を書いているという感じですね…
    結局のところ人それぞれという感じでしょうか

  7. 名無し より:

    効果やパーツを多くかける人は自然と増えますし、厚塗りならどんなに複雑でも1~数枚で済ます人も多いです。
    レイヤーの数なんて、描き手の性格と絵のスタイルに左右されるだけで、実力差なんて全く出ないところですね。
    レイヤー数に言及したコメントをする人をみると、あまり絵を描かない人なんだなあ…と思いますね。

  8. 匿名 より:

    レイヤーの多い、少ないは、自分が描いた絵を誰が何に使うかが重要だと思います。
    僕は絵描きではなく、Web屋なので、立ち位置が異なりますが、Webサイトですと、パーツ単位でレイヤーが別れていると便利です。
    ただ、どのようにレイヤー別けしたほうがいいかわからないなら、下手にレイヤー結合せず、そのまま送ってもらう方がいいです。描いた絵をどのように使うかは、プログラマーの方が熟知しているので、絵描きさんが気を使ってレイヤーを整理すると、必要な情報を落としたり、切り取りの手間が増えたりするので、反って悪状況に陥ります。だから、絵描きさんが気を使う必要はないと思います。

  9. 匿名 より:

    米8
    自分はフォトショでレイアウトを作ってそれを各パーツにスライスしてHTML4.01とcssでコーディングぐらいまでならひとりでできますが、コーディング時に各パーツの名前で指定するのでレイヤー分けはしない派です。
    HTML5とJAVAも覚えたらこれでメシとか食えるでしょうか?

    人様の意見やデザインを優先、尊重して、言われるがままにデザインをすることのストレスがなんかイヤで、ふつうに我を出してイラスト描きや自作曲のPV作成ばかりやってしまう傾向にありますが。あと3Dモデル製作の勉強とか。

  10. 匿名 より:

    米9
    一般的にWebサイトは、個別パーツごとに発注するのではなく、全体図を貰ってから作成します。
    そうすれば、いちいち各パーツを貰う必要がなく、全体が見えるので、各パーツとの整合性がとりやすいです。
    後、スライス機能は、四角形にしか対応してないので、一つのレイヤーに複数の絵があると、対象以外も含むので、やりにくいです。
    レイヤーはあくまでも、デジタルでの作業効率をあげるもので、芸術性云々は関係ない。

  11. 匿名 より:

    米10
    たぶんこちらが素人でよくわかってない部分がある。というだけなんでしょうけど、もちろんというかいちおう知人友人に頼まれた時はサイト全体の草案はサイトのレイアウト全体図(データとしてもらう場合はレイヤー結合されて画像ファイルとして出力されたもの)をもらうけど、サイト内で使いたい絵とか画像データは画像データで別途もらうなり用意するなりして同一フォルダにぶち込んでcssで指定したり配置とか組みながら実際にブラウザで表示させて確認しながらwebサイトとして機能していくようにコーディングしていく。というのはどこかヘンだったり間違っていたりするのでしょうか?
    べつにケンカごしとか煽ってるとかではなく、単純な知的好奇心として気になる。

  12. 匿名 より:

    うーん、個人的な意見で言うと、
    米11の方のやり方は、HTMLコーダーがやるべきことをイラストレイヤーにやらせているので、専門技能を持つプロの仕事ではない。
    HTMLコーダーの仕事は、イラストレイヤーが作った作品をHTMLに変換して、プログラマーが使いやすいように、構築するのが仕事なのね。
    理由は、商業アプリはソシャゲだと、200~300枚越えるので、1日当たりの作業量も10枚を越えるのね。だから、イラストレイヤーが直接パーツ別けするのは作業量が増えるし、要のイラスト製作に遅れが生じる。また、プログラム的には、各パーツを一枚のjpgにまとめて、プログラムで表示非表示を切り替える処理もあります。
    そのような、プログラムを知らないと出来ないパーツの作成をイラストレイヤーに強いるのは、アウト。
    だから、どのようなタグ構成で画面を作成するか決めるHTMLコーダーがパーツを切り分けるのよ。
    そのように取り決めば、イラストレイヤーはHTMLコーダーにフォトショやギンプのファイル送ればよいだけ

  13. 匿名 より:

    あー。わかりました。米12さんはたぶん「コーダー」と「WEBデザイン」が完全に分業制になってるような、それなりに大きな、ちゃんとした会社組織でやられているのに対して、自分は(「分業」ではなく)ひとりでWEBデザインからコーディングまでぜんぶできますよ~。っていう話だったので、そのへんの感覚のズレみたいなのが発生してしまっているんじゃないでしょうか?

    いちおうまがりなりにもひとりでコーディングもWEBサイトのデザインもやるのがあたりまえみたいな、小さなデザイン事務所とか、独立して個人、フリーランスでWEB関係でメシを食っているような人物に基本、さわりを教わったりしていたことはあって、それを利用して内輪、知人とかに頼まれてごくたまに「あとはFTPでサーバにアップすればいいだけ」という段階まで仕上げてこづかいかせぎとかもしている。というだけで、商業アプリだとかソシャゲまではやったことがなく、純粋な「WEBサイト」構築しかできず、フォトショップCS5、イラストレーターCS6、Dreamweaver、html4.01、css2しか扱えないので、JAVAとHTML5ぐらいは勉強しようかな...程度ではやはりプロとしては通用しないようですね...
    ご意見、ご教授ありがとうございました。

  14. 匿名 より:

    僕個人の心象だと管理人さんのあのイラストのレイヤー50枚は妥当な所の気がします。
    各所部位の色変更だったり、修正などの後から入るであろう工程の事を考えると丁度よいのでは、という印象です。
    ただ、減らせるなら減らしていった方がいいと思います。作業効率を考えても多くなりすぎるよりはある程度減らした方が時間短縮にはあるでしょうから。
    僕はレイヤーが300とか400とか普通に軽く使ってしまうのでまだまだ効率が悪いのかもしれません。まぁ、単に技量がないだけなんですがね。。。。。

  15. 匿名 より:

    というかそもそもタイトルの上級者ってものの定義、というか主語がまんまる抜けてるから話がややこしくなるんだとおもいますけど・・・

  16. 匿名 より:

    無意味なレイヤーをつくらないという点では少ないほど効率がよく、それがうまい人であるというのはあるとおもいます。レイヤーを作るのであれば”それがほんとうに必要で意味のあるものなのか”というのが重要です。レイヤー構成が自分の作業用途に”最適”であるならば1枚でも100枚でも問題はないはずです。

  17. 匿名 より:

    うーん、正解は無いんじゃないですかね?私も普通に描く時は50枚とかですが、落書きとか普通に10枚くらいで終わりますし(笑)やはり芸術と言う類に関して、上手い人はレイヤーが1000枚だろうが1枚だろうが、描けるものは描けると思いますね。どこに力を入れるかで変わりますし(線画に10枚使ったり服に20枚使ったり)私としては『線画』『グラデーション』『影』『ハイライト』『背景』『色分け』『オーバーレイ』それぞれ一つずつあれば余裕で足りるので、人それぞれなのでしょう(−_−;) でも、『本気で描くけどレイヤー少ない方が上級者って言われてるし、レイヤーの数抑えると思いっきり描けない!』と言うのは違うと思いますね。今回はあくまで私の描き方と並べて述べましたが、ここに書き込みをしてる方々の画力によって変わりますし、自分が楽しく、難しいことは考えず気楽に、でも本気でかける!と言う状況を作るためには、レイヤーの数より努力や気合いが大事なのだと思います。上手い人達もが沢山いる中でも、みんな違う人間なので、定義は必要ないと思います。最後話ずれちゃってごめんなさい。長分失礼しました。

  18. 匿名 より:

    ブログのために毎日一枚描いてますが、体感ではレイヤーの枚数は作業時間とほぼ正比例という気がします。
    自分は1.5時間に10レイヤーぐらいです。

  19. より:

    正直この絵でレイヤー50枚は明らかに使いすぎかな、背景も無いし10分の1で収まりそう
    差分を50枚作らないといけないみたいな設定で描いたなら分かる

  20. 匿名 より:

    大事なのは出来上がったイラストだから目的の形式にそっていさえいればレイヤー数なんて関係ない
    そもそもデジタルは分割も統合も簡単なんだから、レイヤー数を語る意味もない
    無駄なレイヤーが多いのは絵が下手なんじゃなくてただ整理ができない人なだけでそれ以上でも以下でもない

  21. 匿名 より:

    素人にとってはそもそも「レイヤーを分けると修正できて便利」という時点でよくわからんのよ
    何をどんな風に修正するんだ
    色塗りでレイヤー分けるよって時点でよくわからないんだよ

コメントを残す

コメントフォームの使い方とお約束 ※クリックで開きます

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
PAGE TOP ↑