少年(ショタ)の描き方

ペンタブの本体に敷くものは何がいい?

公開日: 

 029

030

スポンサードリンク

どうもmoeraです。段々気温も下がり汗だくで作業する日も減ってきました。

基本扇風機だけで済ませてるんですが、自分だけならいいけどさすがにPCの心配もしなくてはいけないので、HDDの温度が45度以上になったらエアコンつけてます。今まで気にしてなかったけど寿命が縮まるらしいので気をつけないとですね。

話は変わりますが、ペンタブで作業する時は何も敷かないで描くんですが、やっぱ少し抵抗が欲しいと思いコピー用紙を敷きました。

しかし汗のせいでふにゃふにゃになってしまい、1時間もしないうちに使い物にならなくなるのです。フェルト芯はなんか黒板を爪で引っ掻いてるのに似た感覚で嫌なんですよね。

他の方はどういう対策してるのかなーとちょっと調べてみたら、参考になるブログが色々出てきたので紹介させて頂きます。

 

themat

書き心地はノート(下敷き未使用)とえんぴつに近い感じらしいです。デスクマットは100均などで売ってるみたいです。

 

WACOM純正のオーバーレイシートを交換してみるという手も。元々は結構摩擦の抵抗があったんですね。気付かなかった。

それが摩耗してツルツルになっちゃうっていう。確かに管理人のペンタブも端っこの方はめっちゃ描きやすかった・・・。

 

ワープロのラベルシールがいい感じとのこと。今ならPPC用とあるように普通のラベルシールより少しお安いです。

 

他にも耐水紙を使用したりするのもいいかもしれません。結構いい値段しますが。

 

手袋をして描くというのもありましたが、夏場でそれはちょっと・・・ってなりますね。ヘタしたら水虫になりかねん。

管理人はデスクマットをまず試してみて、ダメならラベルシール→オーバーレイシートって感じで試してみようと思います。

皆さんはどのように対策されてますか?それではー。

 

【追記】

この記事を書いた後に100均に行ってデスクマットを探しに行ったのですが、ありませんでした。

入れ替わりが激しいので仕方ないですね・・・。代用できるもの無いかな~って探してたらいい感じのものを発見しました。

それがこちら。

 

 

IMG_1164_R

 

ねんどシートというもの。ペラペラで少しだけザラッとした感触。なんか期待できそう。

カッターで切れるかなーと心配しながらも購入しました。

家に帰ってさっそく長さを測ってカット。カッターで4回程往復して切れました。案外切れるもんですね。でも結構力入れながらじゃないとダメなのでズリーっと指を切らないように気をつけましょう。過去にそれで4針縫いました。はさみでも切れそうですがまっすぐじゃないとなんか嫌なので。カッターで切る時はカッター用のマットもあるといいです。じゃないと机とか傷つきます。

ここで少し問題が。ペンで試し描きしてみるとめっちゃ滑る。

うおーやっちまったか?と思ったのですが裏面も試してみたら、結構しっくりきた。

ペンタブの端っこの方の未開拓部分の描き味に似てます。

表と裏の素材が違うんですかね。とりあえず裏向けてペンタブにセロテープで両面テープっぽくして貼り付けました。

しかしここでまたもや問題発生。

 

テープくっつかねえ。

テープの粘着力ではアカンみたいです。仕方なく上の方をテープで止める形で落ち着きました。たぶんいつか剥がれるだろうけど。

管理人のペンタブは斜めにして使ってるのでテープで吊り下げる感じです。

IMG_1168_R

IMG_1165_R

拡大して撮ったもの。左の傷っぽいのは試し描きした時の傷。傷は結構つきやすいけど100円だしね。

いい感じに引っかかりもあるので、しばらくはこれで様子を見てみることにします。

皆さんも是非お試しあれ。

 

スポンサードリンク
吉成曜画集 ラクガキ編

コメントを残す

コメントフォームの使い方とお約束 ※クリックで開きます

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
PAGE TOP ↑