少年(ショタ)の描き方

気分転換に野外スケッチしてみるのもいいかもしれない

公開日: 

026.4

スポンサードリンク

026.2

027

どうもmoeraです。

学生の皆さんは夏休み楽しんでますか?部屋に篭もりっきりにならず、この時にしかできないことを経験してみてくださいね。

管理人が学生の頃の夏休みは全てバイトでした・・・。稼ぎ時だしね。でももっと有意義に過ごせばよかったなと後悔。

一人でどっか山行って自然を満喫とかしてみたい。

 

さて今回のお話は野外スケッチでした。野外スケッチは自然の中で色んな物を感じ取りながら描くのが目的だと思ってます。

もちろん資料目的で描く方もいらっしゃいます。写真を撮って家で描けばええやんと思いがちですが、その場で描いた方がわからない部分も違う角度で見ることができるので時間がある時はその場の方がいいと思います。一応写真も撮っておくことも忘れずに。

あと家で描くのと外で描くのとでは気分のノリ方が全然違います。余計なものが無い分集中できるし、何かもやもやした考え事とかも整理できるような気もします。煮詰まった時は外に出てスケッチしてみるのもいいかもですね。

他にも電車内とかで人物スケッチしてる人もいるみたいです。結構勇気が必要ですw

人混みを上から眺めながらスケッチするのも楽しそうですね。

夏は熱中症と虫にはご注意を。

 

スポンサードリンク
吉成曜画集 ラクガキ編

Comment

  1. 匿名 より:

    今回の感想。

    私も外でスケッチ、やったことがあります。
    もっとも冬だったので、寒くてスケッチどころではありませんでした。
    でも、いい経験になりました。
    またやりたいですね。

  2. 匿名 より:

    自分は野草園や動物園に行ってスケッチをしますが街中でのスケッチはやったことないですね。(勇気が出なくて…)
    動植物のスケッチは何度か経験あるので今度はビルや家といった無機質なものも挑戦してみようかなと思います。

コメントを残す

コメントフォームの使い方とお約束 ※クリックで開きます

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
PAGE TOP ↑