少年(ショタ)の描き方

絵を描く時に使う参考資料の内容はネットに載っているから買わなくていい?

公開日:  最終更新日:2015/08/30

006

スポンサードリンク

どうもmoeraです。

本屋に立ち寄るとつい買ってしまう参考資料。
でも買う前に少し考えて!

それ本当に使う?

今やネットで必要な資料はほぼ無料で見れてしまう時代。探すのがめんどくさい方は買ってもいいかもしれませんが、問題なのは買って満足して見ない人。 非常にもったいないです。

練習で使えそうだな-と思って買ったのはいいものの、本棚にずっと飾ってるだけというのは絵描きあるあるです。
将来的に使うかも・・・と思ってる人も多いでしょう。管理人は前買ったの忘れて同じ資料を買ってしまった事もあります…。( しかも活用してないっていう。)

結局ネットで探すのが楽でそれ以来あまり買ってません。
トレースなど素材として使いたい場合は買ったほうがいいですけどね。

個人的に活用した本

人によって活用する資料は違うと思いますが、管理人がよく活用した本を紹介します。

新背景カタログカラー版〈4〉学校編 公立高校・私立高校・ミッション系女学院
新背景カタログカラー版〈4〉学校編 公立高校・私立高校・ミッション系女学院

学校の内部がよく分かる資料です。お嬢様学校みたいな写真もあるので結構参考になりました。
カラーなので見やすいです。学園モノの漫画とかで使えますね。

 

ポーズカタログ〈6 顔・手・足編〉
ポーズカタログ〈6 顔・手・足編〉

老若男女の顔や、手足などが様々な角度から見れる資料です。
個人的にこれが一番活用したと思います。

 

漫画バイブル〈3〉数億万人のキャラクター編
漫画バイブル〈3〉数億万人のキャラクター編

漫画のキャラクターの描き方の資料です。
デフォルメの描き方や、全身、正面、横顔の描き方など初心者にはかなり使える資料です。
漫画の描き方も載ってるので大変参考になります。

 

ここからはデザイナー向けの資料です。
IllustratorやPhotoshopをよく使う方は一度は目にしたんじゃないかなと思います。
デザイナーの悩みにたった1冊でよく効く!デザインアイデア全書 (インプレスムック エムディエヌ・ムック)
デザイナーの悩みにたった1冊でよく効く!デザインアイデア全書 (インプレスムック エムディエヌ・ムック)

デザインのアイデアがたっぷり詰まっています。
個人的に配色の仕方が参考になりました。(クールな配色、ロマンチックな配色など)
あとこれでソフトの使い方を覚えました。

Illustrator ザ・クリエイターズ・テクニック デザイン表現&イラスト制作のための技法集 (インプレスムック エムディエヌ・ムック)

Illustrator ザ・クリエイターズ・テクニック デザイン表現&イラスト制作のための技法集 (インプレスムック エムディエヌ・ムック)

Illustratorのテクニック集。データCDも付属しているので大変参考になります。
見るだけでもモチベーションが上がる資料でした。
ロゴデザインに結構活用した覚えがあります。

あとはポーズ集とかもあるんですがまだあまり活用してないです・・・。ネットで見れちゃいますからね。
そんなこと言ったら全部ネットに載ってるようなもんなんですが、ネットで資料を集める時間が惜しい人が本を買うという感じでしょうか。

まとめると

本屋にある資料は欲しい情報がすぐ手に取れるのがメリット

ネットで探すのは結構手間&実際手にとって見れないのがデメリット

 

ちなみに漫画家の冨樫先生はポーズ集を一週間で描ききったと聞きます。こういうのが絵の上達には必須なんでしょうね。

あと有名なルーミス氏著作の『やさしい人物画』。これは英語版著作権が切れており、PDFでダウンロードできるので是非活用しましょう。
↓のサイトからDLできます。
A.ルーミス絵画技法書 pdfファイル置き場

 

ちょっと待て!このブログのタイトル『萌えイラストを描きたい』なのに萌え系の資料ないやん!って思われた方もたぶんいらっしゃるかと思いますが、萌え絵の資料はあまりあてにならないというか、内容が薄いんですよね。

もちろん使える物もあると思いますが、書いてある内容は大体ネットでも見れるので買う必要性はあまり無いかもしれません。Pixivでそういう講座はたくさんあるので活用するのもアリです。下のリンクはNEVERまとめですが人気講座が集められていてとても便利です。もちろん萌え絵の描き方も載ってます。

【総閲覧数1000万回】pixivで一番見られたイラスト講座集

皆さんがよく活用した参考資料はどんなものですか?

それではまた!

スポンサードリンク
吉成曜画集 ラクガキ編

コメントを残す

コメントフォームの使い方とお約束 ※クリックで開きます

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
PAGE TOP ↑