少年(ショタ)の描き方

絵描き同士の交流って必要なの?

公開日:  最終更新日:2015/08/30

005.0005.1

スポンサードリンク

どうもmoeraです。

今回は交流についてです。
萌え絵の講座はまだかよ!!と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、しばらくこんな感じの記事を上げ続けます。ごめんなさい。

そもそも交流って必要なの?

私は必要だと思います。
モチベ維持はもちろん、お互いに絵を見せ合って刺激し合い、高みを目指していける関係が理想なんですが、そんなお方、めったに出会いません。
そもそもそんな人とどうやって出会うのさーとなります。

ですが今はPixiv、TwitterなどのSNSがあるので見つけやすくなりました。
勇気を振り絞って気になるあの人にアタックしてみましょう。
もちろん、リアルの知り合いに絵描きがいればその人と交流するのが一番理想ですね。

 

コメントは具体的な方が印象が良い

今のPixivはスタンプ機能もついてコメント?を付けやすくなりました。
ですがもらっても反応に困ってる人が多いのではないでしょうか。
ぶっちゃけスタンプもらってもあまり嬉しくないという声をよく聞きます。ちろん嬉しい人もいますが。

でもやっぱり言葉で残してもらったほうが嬉しいですよね。
別に返事が欲しいわけではなく、この絵を見た自分の気持ちを伝えたかっただけという方もいらっしゃるでしょう。  そういう人のためのスタンプなのかもしれません。

また、コメントを残す場合も『素敵です』『おもしろかったです』だと返事する側もちょっと困る場合もあります。全部『ありがとうございます』で返せばいいんでしょうけどね。
返事が欲しい方は一言だけじゃなく具体的な文章で送るといいと思います。

ギャップに注意

プロフィール欄に、絵描きになりたい!とか、趣味は落書きです!とか描いてる方をたまに見かけます。

もちろん描いてるんです。描いてるんですが、その人の絵に対する情熱の比率が10あるうちの1しか無かった場合、自分が10あったとしたらすごいギャップを感じちゃう時があります。

『あれ、この人もしかしてそこまで熱くなれないタイプ?』となっちゃいます。  逆に自分は軽い気持ちで描いてるけど、相手は超ストイックな人だったらなんか交流しづらいですよね。

そこらへんの見極めも大事になってくるので注意が必要です。大体つぶやきとか更新頻度でわかりますけどね。

時々厄介な人に出会う

まぁ交流してると大体いるんですが、結構癖があるというか、馬が合わない人に出会う時があります。最初はいいんですが、ちょっと慣れてくると本性を発揮するパターンや、自分が他の人と交流してると嫉妬なのか病んでるメッセージ送ってきたりとかする人もたまに居ます。

人間ですからね。しょうがないです。そこら辺のめんどくささもあってやっぱ一人が一番や!ってなるのが大半だと思われます。

でもやっぱりそういうめんどくささも大事

色んな人と出会うことによって、色々と成長できる部分もあると思います。
めんどくさい人間関係はゴメンですが、漫画のネタにできたりもするので積極的に関わってみるのもありですね。そういう経験も大事ということです。

スポンサードリンク
吉成曜画集 ラクガキ編

Comment

  1. くぅたん より:

    あーあるある。
    あれっ部屋間違えた?みたいなww

  2. 匿名 より:

    私は兄が絵が上手いのでよくアドバイスもらってます。
    ポーズが固いとか、立体感がないとか、的確で具体的なアドバイスをくれますから助かってます。
    もちろん兄としても大好きですし、絵の先輩としても一番尊敬できる人です。
    そういう人が身近にいるとやっぱり違うと思います。

コメントを残す

コメントフォームの使い方とお約束 ※クリックで開きます

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
PAGE TOP ↑