少年(ショタ)の描き方

難しいポーズを描く時は3Dデッサン人形が便利

公開日:  最終更新日:2015/08/30

012

スポンサードリンク

どうもmoeraです。
今回は人体の資料について考えます。

何かわからない部分があったらとにかく調べる

よく初心者さんにありがちなのが、資料を見ずに想像だけで描いてしまう方が多いです。わからない部分があればグーグル先生なり、自分でポーズとってカガミなどでチェックしましょう。

漫画家の人もアシスタントにポーズをとらせて描いてる方もいると聞きます。絵がうまい人は最初から何でも描けるわけじゃなく、地道に調べて描き続けた結果、ある程度のものなら見ないでも描けるようになるのです。

また、自分を資料にしたいけど、なかなか一人では写真を撮るのが難しいときがあります。その時は協力者に頼むか、上手いことカメラ(スマホ)を固定して動画にして撮るかしましょう。

フィギュアを買う

デッサン人形でもいいのですが、今のフィギュアは結構資料として使えるものがあるので利用するのも手です。可動区域が広いデッサン人形はめちゃくちゃ高いんですよね。フィギュアもそこそこいい値段しますが、初心者さんにはとっつきやすいと思います。ただ、これをきっかけにフィギュア収集に目覚めてしまう方も居そうですね。

この人形をいつか買いたい・・・。今使ってるの4000円くらいのやつだけど使いづらくてもう押入れにしまっちゃってます。

figma archetype(アーキタイプ):she flesh color ver.

figma archetype(アーキタイプ):she flesh color ver.

ここまで動かせるので結構使えそうですよね。

41DWdXqjZhL

うーん欲しい

41-tlwJpRRL

3Dデッサン人形を使う

今の御時世、デジタルでもデッサン人形が使えちゃうんですよ。

管理人もよく使用してます。
使ってるのはポーズスタジオってやつ。ここからDLできます。

体験版は「シーンを保存」、IllustStudioおよびComicStudioEXから読み込んだ背景画像の差し替えが不可、「画像の書き出し」機能が使えないようですが、ポーズの保存とかはできるっぽいので結構使えます。

最初は思い通りに動かすのが大変なのがデメリットですが、慣れたらめちゃくちゃ便利です。ただやっぱりポーズを作るまでがちょっとめんどくさいかな。でもパースとかも効かせられるので、勉強にもなるし、作品のクオリティアップにも一役買います。ちょっと確認したい時などによく使用します。

描くのが難しいこんなポーズもこの通り。ストレッチしてます。
5d50682ae94863019dcd6393da8ac6b0

他にも無料ソフトのデザインドールってのがあるみたいですね。名前だけは聞いてたけどちょっと調べてみたら案外使えそうです。
NEVERまとめですが、ここで使い方とか紹介されてます。公式へのリンクもあったからでついでにDLしちゃった。

3Dデッサン人形、使ってない方は一度使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
吉成曜画集 ラクガキ編

Comment

  1. 匿名 より:

    個人的には「MMD(MikuMikudance」」を使っています。
    手首を動かすとひじや肩も正確に連動して動いたり、かかとの位置を移動するとひざ、股関節が連動、追従してくるのでポーズをとらせるのがラク。

  2. 匿名 より:

    自由なポーズ取らせるにはデザインドールがいいと思ったけど説明見ても上手く動かせない(´;ω;`)
    デッサン人形は大金叩いて買ったけど役に立たなかったし…
    自分で取れないポーズ(アオリ、フカン気味のものやアクロバットなポーズなど)を描くのに困ってる。
    どーしたらいいんだ。゚(゚´Д`゚)゚。

    • ☆moera ☆moera より:

      アクション映画や漫画を模写するのが良いと思います。漫画ならナルトがいい動きしてくれてるのでオススメです。フカンやアオリなど難しい構図も多用してますし。
      デッサン人形が役に立たないとありますが、もしかしたらまだ持て余してるのかもしれません。
      どのような物を使っているか分かりませんが、人の簡易的な作りなので細かい動きや形には対応しておらず、
      ある程度は想像で肉付けしていかなければなりません。なので描きなれた人向けでもあるのです。

      まずは箱人間(ダンボーみたいな)を様々な角度で描けるようにしてみてはいかがでしょうか?立体的に捉える力がつけば少しは楽になるかもです。
      デザインドールは私も難しかったのでもう使ってませんが、クリスタの3Dデッサン人形は動かしやすかったのでこちらを愛用してます。
      ともあれ向き不向きもあるので自分に合う物を探すのが一番なのですがそれがまた難しいんですよね。
      初心に戻って人物デッサンをするのもありだと思います。

コメントを残す

コメントフォームの使い方とお約束 ※クリックで開きます

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
PAGE TOP ↑